同志社コリア研究センター


お知らせ

田中宏氏講演会

「朝鮮学校差別の根っこは何か—「高校無償化」裁判を考える—」

 

※申込不要、入場無料  チラシはこちら

 


 

【日時】

2018年1月20日(土)15時00分~16時30分(受付開始:14時45分~)

 

 

 

【場所】

同志社大学今出川キャンパス 明徳館 M1教室 (地下鉄烏丸線・今出川駅下車、徒歩3分)
※キャンパスマップはこちら

 

【趣旨】

今も日本全国に60校を数える朝鮮学校。

その起源は植民地支配から解放された朝鮮人が、皇民化政策で奪われた言葉や文化、歴史を取り戻すために設立した自主学校にあります。

脱植民地主義、反レイシズムの実践でもあるこの営為に対して日本政府は、徹底した差別と弾圧で応じてきました。

現在、全国5か所の裁判所で係争中の高校無償化からの排除、それに歩調を合わせて全国自治体に広がる補助金停止・廃止の動きはまさにその流れです。

1960年代以降、在日外国人の反差別、権利伸長運動に取り組み、「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」の共同代表でもある田中宏先生をお招きし、朝鮮学校差別を巡る問題の根本と、そこからみえる「日本の<戦後>」などについて共に考えてみたいと思います。

 

【講師プロフィール】

たなか ひろし 1937年生まれ、岡山県出身。一橋大学大学院経済学研究科修了(経済学修士)。愛知県立大、一橋大、龍谷大学を経て現在、一橋大名誉教授。専門は日本アジア関係史、ポスト植民地問題。著書に『日本のなかのアジア』(大和書房)、『在日外国人 第三版』(岩波書店)、『戦後60年を考える 補償裁判・国籍差別・歴史認識』(創史社)など。

 

【主催】

山根実紀論文集編集委員会、同志社コリア研究センター

 

【お問い合わせ】

rc-korea*mail.doshisha.ac.jp (板垣) (*を@に変えてください)

 


▲ page top

━━ KCKS 京都コリア学コンソーシアム ━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪第46回研究会 開催のお知らせ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2018年 1月 12日(金) 18時~

場 所 : 同志社大学 烏丸キャンパス 志高館2階 SK214

報告者: 鄭桂香さん(韓国・蔚山大学校歴史文化学科博士課程、立命館大学コリア研究センター客員研究員)

タイトル: 差異と差別の境界で:1920‐30年代宝塚在日朝鮮人の移住と生活

※同志社大学烏丸キャンパス
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P )  http://kyoto-korea.net/


▲ page top

━━ KCKS 京都コリア学コンソーシアム ━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪第45回研究会 開催のお知らせ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2017年 12月 1日(金) 18時~

場 所 : 同志社大学 烏丸キャンパス 志高館2階 SK214

報告者: 金京燕さん(京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程)

タイトル: 咸錫憲のシアル(씨알)思想―信仰の変容と民衆論の構築に関する考察―

※同志社大学烏丸キャンパス
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) http://kyoto-korea.net/


▲ page top

━━ KCKS 京都コリア学コンソーシアム ━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪第44回研究会 開催のお知らせ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2017年 11月 10日(金) 18時~

場 所 : 同志社大学 烏丸キャンパス 志高館2階 SK214

報告者: 沈煕燦(シム ヒチャン)さん(立命館大学客員協力研究員)

タイトル: 「東アジア史学史」試論:三品彰英と李基白における文化史の受容をめぐって

※同志社大学烏丸キャンパス
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
( H P ) http://kyoto-korea.net/


▲ page top

テュービンゲン大学(ドイツ)-同志社大学(日本)-高麗大学校(韓国)の日本学/コリア学の研究者を中心とした国際研究交流ワークショップ(頭文字を取ってTuDoKu)を同志社大学で開催します。2015年にテュービンゲン、2016年にはソウルで開催して、今回が第3回目となり、”Transational Cultures: Colonialism and the Cold War in Japan and Korea”をテーマとします。会議言語は英語(通訳無し)です。会場および配布資料準備の都合上、参加をご希望される方は事前に下記までお問い合わせください。

宛先:コリア研究センター rc-korea@mail.doshisha.ac.jp

プログラム

ポスター


The 3rd TUDOKU Conference at Doshisha University (September 29-30, 2017)

Transnational Cultures: Colonialism and the Cold War in Japan and Korea

Conference Room: Kambaikan 6F (Muromachi Campus), Doshisha University

Friday (September 29)

9:45-10:00            Registration

10:00-10:10          Opening Remarks

10:10-12:00          Session 1: Historical Origins of Colonialism

  • Klaus ANTONI (Tübingen) “Okinawa – Japan’s first colony? Tametomo and the historical Japanization of the Ryûkyû kingdom”.
  • David WEISS (Tübingen) “A Prehistory of Colonialism: Views of Korea in Tokugawa Japan”.

13:00-14:50          Session 2: Citizenship and Nationality

  • AN Jong Chol (Tübingen) “From Gender-Biased to Gender Equality Citizenship? The Politics of the Nationality Law, 1948-1997”.
  • Tobias SCHOLL (Tübingen) “Korean-Japanese Relations and South Korean Transborder Citizenship”.

15:10-17:00          Session 3: Divided / Shared Memories of the Cold War

  • ITAGAKI Ryuta (Doshisha) “Divided Family and Shared Memories: Ego-narratives of a North Korean Linguist Kim Sugyŏng and His Family”.
  • You Jae LEE (Tübingen) “Migration to a Divided Nation: Korean Former Miners and their Memory”.

Saturday (September 30)

10:10-12:00          Session 4: Colonial Migration

  • JUNG Byung Wook (Korea) “Chinese Workers and Anti-Chinese Riots in Colonial Korea”.
  • YOON Hyo Jung (Korea) “A Study on a United Front in the Colony Korea on a Transnational Perspective: Singanhoe Agitating for Acquirement of Chinese Nationality of Immigrant Koreans in Manchuria”.

13:00-14:50          Session 5: Rethinking North Korea

  • Isabella JUKAS (Tübingen) “North Korea’s Third World Offensive”.
  • KIM Yeokyung (Doshisha) “Social Movement and Cultural Reproduction :Focusing on Meanings of Korean Schools in Zainichi Korean Women’s Life Histories”.

15:10-17:00          Session 6: Politics of Comparison

  • KOTERA Ai (Doshisha) “Myth making? The Holocaust memory of the third generation in Israel”.
  • MIZUTANI Satoshi (Doshisha) “British attitudes to Korea’s claim for independence, ca. 1905-20―the trans-imperial significance of Britain’s colonial experience in India and Egypt”.

TuDoKu2017 Program

TuDoKu2017 Poster


▲ page top