同志社コリア研究センター


お知らせ

同志社コリア研究叢書3『日記からみた東アジアの冷戦』を刊行しました。もとになっているのは2016年3月5日に開催したシンポジウムですが、2016年度事業として新たに編集しました。紙媒体のものは少数部しか刷っていませんが、インターネットで全文ダウンロードできるようにしてありますので、そちらをご覧ください。

⇒詳細はこちらへ

編者:板垣竜太・鄭昞旭
タイトル:『日記からみた東アジアの冷戦』
発行者:同志社コリア研究センター
冊子形態:A5判、並製、横書、316頁
ISBN:978-4-907634-02-5
発行日:2017年3月24日
目次:
はじめに (板垣 竜太・鄭 昞旭)
第1部 解放と分断そして〈熱戦〉
1. 林獻堂日記にみる台湾脱植民地化の隘路 ―あるいは、可能性としての「分散の法」― (駒込 武)
2. 朝鮮戦争下のある労働者の生活 ―二つの社会、恐怖、平和への焦がれ― (太田 修)
3. リュックのなかの手帖 ―越北した言語学者・金壽卿の朝鮮戦争と離散家族― (板垣 竜太)
4. 中国朝鮮族の弁士・海元の生涯と日記 ―毛沢東時代を中心に― (廉 仁鎬)
第2部 〈反共〉の時代経験
5. 「反共国民」として生きる ―4人の日記を通じてみた1970年代韓国大衆の政治意識― (李 松順)
6. 開発独裁期における農民の経済的生存戦略再考 ―資本主義-小農社会の接合の一端― (安 勝澤・李 成浩)
7. 「自伝文集」の出版と社会的アイデンティティーの形成 ―金珖燮『私の獄中記』(1976)を事例に― (金 成姸)


category: 書籍

▲ page top

「映像でたどる尹東柱の100年」

<日時>

2017年2月11日(土)13:30~17:00

<場所>

同志社大学今出川キャンパス 尹東柱詩碑前
同志社大学今出川キャンパス 良心館2階207号教室

※ 詳細な地図はこちらを参照。

<プログラム>

13:30~14:15 「献花式」 (尹東柱詩碑前)
14:30~16:00 「映像でたどる尹東柱の100年」 (良心館2階207号教室)
16:10~17:00 交流会

<開催趣旨>

2017年は、韓国・朝鮮の詩人尹東柱(ユンドンジュ)がこの世に生を受けて100年の節目の年です。
尹東柱は朝鮮が日帝の植民地になって間もない1917年12月30日、旧満州(現在の中国延辺朝鮮族自治州)の明東村で生まれ、平壌・ソウル・東京・京都で学びました。
京都・同志社大学在学中の1943年7月、朝鮮の独立運動をしたとして「治安維持法違反容疑」により下鴨警察署に逮捕、福岡刑務所に送られ、祖国解放半年前の1945年2月16日、獄死しました。享年満27歳。墓や生家は現在中国延辺朝鮮族自治州に残っています。
彼の詩は韓国・朝鮮・日本・中国朝鮮族を中心に熱烈なファンを持ち、数十か国語に翻訳され、今なお世界各地で詩の研究会や追悼の集いがもたれています。
戦後50年・尹東柱50周忌の1995年2月16日、同志社のコリア出身の卒業生を中心に作られた「同志社校友会コリアクラブ(現在は改称して同志社コリア同窓会)」と「尹東柱を偲ぶ会」を中心に、日本人や中国人(朝鮮族)を含む広範な人々の協力のもと「尹東柱詩碑建立委員会」が結成され、「学校法人 同志社」の全面的にご支援の下、同志社大学今出川キャンパス内に彼の詩碑が建立されました。
この詩碑は詩や尹東柱の生きざまを通して、過去の不幸な歴史は忘れないまでも、未来志向の見地に立ち、日本と韓国・朝鮮をはじめとする世界の平和と友好親善、さらには南北の平和的統一を願って建てられたものです。その象徴として詩碑の両側には韓国の国花無窮花(木槿)と朝鮮民主主義人民共和国の国花チンダルレ(ツツジ)が、その西には同志社の校祖新島襄の愛した梅の木が植えられています。
その後毎年、献花式と研究会等の事業を同志社大学の詩碑周辺を中心に行っています。
尹東柱の詩と生き様は、同志社校祖新島襄の「良心の全身に満ちたる丈夫(ますらお)の起こりきたらんことを」の精神そのものでした。我々は尹東柱の生きざまと「良心の精神」を礎に改めて来し方を振り返り、未来志向の見地に立ち、尹東柱の思いを後世に付託すべく、引き続きこの事業を継続したいと願っています。
皆様方の尚一層のご支援ご協力をお願い申し上げる次第です。

<主催>

尹東柱を偲ぶ会、同志社コリア同窓会

<後援>

同志社コリア研究センター

<お問い合わせ>

尹東柱を偲ぶ会 朴熙均(パクヒギュン)
TEL: 090-3286-8656
E-Mail: hshgpark(アットマーク)ybb.ne.jp


category: イベント情報

▲ page top

━━ KCKS 京都コリア学コンソーシアム ━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪第38回研究会 開催のお知らせ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2017年 1月 13日(金) 18時~

場 所 : 同志社大学 (烏丸キャンパス)志高館2階 SK214

報告者: 小河寛和さん(東国大学校韓国仏教融合学科博士課程)

タイトル: 朝鮮仏教における松雲惟政の位相

※同志社大学烏丸キャンパス
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール)info@kyoto-korea.net
( H P ) http://kyoto-korea.net/


▲ page top

━━ KCKS 京都コリア学コンソーシアム ━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪第37回研究会 開催のお知らせ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2016年 12月 2日(金) 18時~

場 所 : 同志社大学 (烏丸キャンパス) 志高館1階会議室

報告者: 金ソニアさん(京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程)

タイトル: 在外同胞の帰郷:「在韓」在日コリアン・韓国系アメリカ人のオーラルヒストリーから「逆移民」を考察する

※同志社大学烏丸キャンパス
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール)info@kyoto-korea.net
( H P ) http://kyoto-korea.net/


▲ page top

「第6回日本鄭芝溶文学フォーラムおよび京都鄭芝溶作詩/散文コンテスト」


 

日時: 2016年12月3日(土) 午後 1:30~6:00

 

場所: 同志社大学今出川キャンパス 良心館306号
http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/overview.html

 

主催: 韓国忠清北道沃川郡文化院

 

後援: 同志社コリア研究センター

 

内容:

(1) 趣旨

同志社大学出身の韓国の詩人である鄭芝溶をたたえるために京都/大阪/神戸一帯の韓国語文学専攻の日本人学生および一般人、また韓国人留学生が集まり文化的交流を行う。

 

(2) 分野

「詩の連作」、「散文」の2分野

* 詩の連作 – 鄭芝溶の詩の中から提示された一つの連に続けて詩を作る。詩のしりとり。

* 散文 – 提示された題目に従い書く。

 

(3) 日程

1:30-2:00 受付

2:00-2:30 開会式

2:30-4:00 作詩または散文のコンテスト

4:00-5:00 記念講演(鄭喜成詩人)

5:00-5:30 鄭芝溶の詩の朗読

* 記念講演と詩の朗読が行われている間に提出された作品を審査

5:30-6:00 授賞式

 

(4) 授賞

日本人

留学生

賞金

詩の連作

散文

詩の連作

散文

最優秀賞

1

50,000円

優秀賞

1

1

30,000円

奨励賞

1

1

1

1

20,000円

佳作

2

2

2

2

10,000円

* 授賞人員 : 15名
* 賞金総額 : 270,000円
 


 

事前受付: jiyongpoem@gmail.com ※当日、会場にての受付も可能です。

お問い合わせ: ocmhw@hanmail.net (沃川文化院)


category: イベント情報

▲ page top