同志社コリア研究センター


トピックス

同志社コリア研究センターも参加している京都コリア学コンソーシアム特別講演会「朝鮮半島の脱冷戦を考える」を開催いたしました。

会場の聴衆の方々とも、活発な議論がおこなわれました。

台風が接近する前日の雨の日にもかかわらず、約100名の方々がお越しくださいました。

誠にありがとうございました。

 

도시샤 코리아 연구 센터도 참여하고 있는 교토 코리아학 컨소시엄(KCKS) 특별 강연회 「한반도의 탈냉전을 생각한다」를 개최하였습니다.

특별 강연회에 와주신 분들과 같이 활발한 논의가 이루어졌습니다.

태풍이 접근하기 전날에도 불구하고 약100명의 분들이 오셨습니다.

감사합니다.

 

<ご挨拶 / 인사말> 

 

 

 

 

 

 

 

<第1部 講演 / 제1부 강연>

 

 

 

 

 

 

<第2部 対談 / 제2부 대담>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

開会辞:勝村誠(立命館大学教授)

歓迎辞:植木朝子(同志社大学副学長)

 

<第1部>  司会:板垣竜太(同志社大学教授)

講演① 金錬鐵(統一研究院院長)「朝鮮半島における平和体制の争点と展望」

講演② 李柄輝(朝鮮大学校准教授)「板門店宣言・シンガポール首脳会談共同声明と朝日関係の展望」

 

<第2部> 司会:太田修(同志社大学教授)

対談 金錬鐵 × 李柄輝

 

閉会辞:水野直樹(京都大学名誉教授)

 


▲ page top

同志社コリア研究センターも参加している京都コリア学コンソーシアム・シンポジウム「朝鮮人留学生たちの京都Ⅱ—戦争と分断の中で—」を開催いたしました。

会場の聴衆の方々とも、活発な議論がおこなわれました。

日曜日にもかかわらず、約100名の聴衆の方々がお越しくださいました。

誠にありがとうございました。

 

도시샤 코리아 연구 센터도 참여하고 있는 교토 코리아학 컨소시엄(KCKS) 심포지엄 「조선인 유학생들의 교토Ⅱ -전쟁과 분단 속에서-」를 개최하였습니다.

심포지엄에 와주신 분들과 같이 활발한 논의가 이루어졌습니다.

일요일이라고 불구하고 약100명의 분들이 오셨습니다.

감사합니다.

 

<各報告者の様子 / 각 발표자>

 

 

 

 

 

<協賛していただいた同窓会の方々の挨拶 / 협찬해주신 동창회 분들의 인사>

 

 

 

 

 

 

 

<総合討論の様子 / 종합토론>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<会場の様子 / 심포지엄 분위기

 

 

 

 

 

 

 


司会
太田修(同志社大学 教授)

発表
1. 水野直樹(京都大学 名誉教授、立命館大学 客員教授)
「京都帝大の朝鮮人3博士/教授 ―李升基、李泰圭、朴哲在―」
2. ペ・ヨンミ(大阪大学 准教授)
「京都朝鮮人留学生の「学徒出陣」」
3. ホン・ソンピョ(延世大学校 専門研究員)
「同志社大学に学んだ一牧師の生涯 ―尹東柱の教会同人・姜成甲―」
4. 板垣竜太(同志社大学 教授)
「北朝鮮の大学教員となった京都の留学生たち」

主催: 京都コリア学コンソーシアム
協賛: 京都大学コリア同窓会、同志社コリア同窓会、立命館大学ウリ同窓会


 


▲ page top

JSPS-NRFの「二国間交流事業共同研究」(+同志社大学人文科学研究所部門研究第7研究)「衣食住文化からみた解放前後の日韓関係」の第2回国際学術ワークショップを京都で開催しました。

1.第2回国際学術ワークショップ

日時:2017年2月23日 10:45~18:00
場所:同志社大学 志高館SK214

10:45~11:00 趣旨説明(板垣竜太:司会兼任)

11:00~12:00 報告1
李柱澔(高麗大)「衣類問題を通じてみた解放後北朝鮮社会の変化」
-指定討論:福岡正章(同志社大)

13:15~14:15 報告2
廉馥圭(ソウル市立大)「戦時期朝鮮総督府の都市住宅対策と朝鮮住宅営団」
-指定討論:小川原宏幸(同志社大)

14:30~15:45 報告3
谷川竜一(金沢大学)「朝鮮戦争前後における平壌の都市計画と住宅」
-指定討論:鄭昞旭(高麗大)

16:00~17:00 報告4
李杏理(一橋大学)「1939-1946年の経済統制と朝鮮人犯罪言説について――アジア太平洋戦時下から敗戦直後日本の食糧と酒をめぐる問題」
-指定討論:李松順(高麗大)

17:10~18:00 共同研究協議

2.フィールドワーク(共同調査)

日時:2017年2月23日 09:30~17:30
場所(京都):西陣織会館、京都コリアン生活センター エルファほか東九条地域

○午前=西陣織と在日朝鮮人(於・西陣織会館)

09:45~10:45 5F会議室で講演&質疑応答
11:00~11:45 会館内見学

 

※1960年代から約40年、西陣織に「織り子」として携わってこられた在日朝鮮人女性をメインの講師とし、安田昌史氏による報告と、講師の解説による西陣織会館の見学を交えながら、「西陣織と在日朝鮮人」について現場で理解を深めた。

○午後=東九条の<食>と<住>

13:30~15:00 東九条の<食>と<住>をめぐって(於・京都コリアン生活センター エルファ内)

※エルファの施設について同センター事務局長の解説を聴いたのち、1世の在日朝鮮人女性(89歳)を囲んで、東九条の<食>と<住>を中心に共同でインタビューをおこなった。

15:00~16:30 東松ノ木町(旧「40番地」)探訪

※東九条まちづくりサポートセンター(まめもやし)の事務局長のレクチャーを聴いたうえで、旧「40番地」を歩いた。また、東松ノ木団地の1世宅を訪問し、お話を聴いた。

16:30~17:30 マダンセンター、京都市 地域・多文化交流 ネットワークサロン

※東九条地域の多文化交流運動の現場を歩いた。


▲ page top

2016~2017年度に日本学術振興会(JSPS)と韓国研究財団(NRF)の「二国間交流事業共同研究」として「衣食住文化からみた解放前後の日韓関係」を展開します。同志社大学人文科学研究所の部門研究(第7研究)にも組み込みます。その一環として、第1回国際学術ワークショップとフィールドワークをソウルで開催しました。

1.第1回国際学術ワークショップ

日時:2016年8月26日(金) 午後1:00~6:20
場所:高麗大学校 民族文化研究院 会議室(B203)

第1部 13:00~15:20 日韓の衣食住文化研究の視点

-板垣竜太「衣食住文化研究の視座」
-廉馥圭・李松順・鄭昞旭「韓国における衣食住文化に関する研究史の検討」

第2部 15:40~16:50 事例研究

-安田昌史「京都の繊維産業に従事した在日朝鮮人」

第3部 17:00~18:20 映像資料からみた衣食住文化 & 総合討論

-許殷「映像資料でみる20世紀韓国の衣食住の変化」
※上映資料:「満鮮旅行」(1932),「旅行記録」(1940年代)、「Korean Fantasy」(1950年代,1970年代) [総上映時間48分]

-総合討論

2.フィールドワーク(共同調査)

日時:2016年8月27日(土) 午前9:00~午後6:00
場所:ソウル歴史博物館、伝統酒ギャラリー、清渓川博物館、清渓川とその川辺

○09:00-12:00 フィールドワーク1
-ソウル歴史博物館:ソウルの衣食住文化の変化
-伝統酒ギャラリー:伝統酒(濁酒、薬酒、焼酎、果実酒)の製法と歴史

○13:30-15:00 現地研究会:清渓川辺の衣食住(於・清渓川博物館)
-鄭昞旭「京城周辺部の産業と都市マイノリティ」
-李松順「東大門広蔵市場とその沿革」

○15:00-18:00 フィールドワーク2:清渓川とその川辺
-清渓川博物館:清渓川の衣食住文化の変化
-清渓川探索:清渓水博物館~東廟市場~広蔵市場


▲ page top

「冷戦研究の最前線」第5回研究会をソウル(高麗大)で開催しました。これをもって研究会は終了し、論文集の編集を進めます。

日時:2016年8月25日(木)16:00~18:00
場所:高麗大学校 民族文化研究院 会議室(B203)
主催:高麗大学校民族文化研究院(HK韓国文化研究団)・同志社コリア研究センター

報告者:심재겸(シム・ジェギョム)(ベルリン自由大学)

タイトル:幻想的なキム・シスターズ:文化交渉の場としての米軍基地、1960年代米国のアジア女性芸能人、そしてトランスナショナルな韓国性の創出(환상적인 김시스터즈: 문화교섭의 장으로서의 미군기지와 1960년대 한국 여성 연에인, 그리고 트랜스퍼시픽 연예네트워크의 탄생)


▲ page top