同志社コリア研究センター


トピックス
  • トピックス一覧


  • トピックス

    JSPS-NRFの「二国間交流事業共同研究」(+同志社大学人文科学研究所部門研究第7研究)「衣食住文化からみた解放前後の日韓関係」の第2回国際学術ワークショップを京都で開催しました。

    1.第2回国際学術ワークショップ

    日時:2017年2月23日 10:45~18:00
    場所:同志社大学 志高館SK214

    10:45~11:00 趣旨説明(板垣竜太:司会兼任)

    11:00~12:00 報告1
    李柱澔(高麗大)「衣類問題を通じてみた解放後北朝鮮社会の変化」
    -指定討論:福岡正章(同志社大)

    13:15~14:15 報告2
    廉馥圭(ソウル市立大)「戦時期朝鮮総督府の都市住宅対策と朝鮮住宅営団」
    -指定討論:小川原宏幸(同志社大)

    14:30~15:45 報告3
    谷川竜一(金沢大学)「朝鮮戦争前後における平壌の都市計画と住宅」
    -指定討論:鄭昞旭(高麗大)

    16:00~17:00 報告4
    李杏理(一橋大学)「1939-1946年の経済統制と朝鮮人犯罪言説について――アジア太平洋戦時下から敗戦直後日本の食糧と酒をめぐる問題」
    -指定討論:李松順(高麗大)

    17:10~18:00 共同研究協議

    2.フィールドワーク(共同調査)

    日時:2017年2月23日 09:30~17:30
    場所(京都):西陣織会館、京都コリアン生活センター エルファほか東九条地域

    ○午前=西陣織と在日朝鮮人(於・西陣織会館)

    09:45~10:45 5F会議室で講演&質疑応答
    11:00~11:45 会館内見学

     

    ※1960年代から約40年、西陣織に「織り子」として携わってこられた在日朝鮮人女性をメインの講師とし、安田昌史氏による報告と、講師の解説による西陣織会館の見学を交えながら、「西陣織と在日朝鮮人」について現場で理解を深めた。

    ○午後=東九条の<食>と<住>

    13:30~15:00 東九条の<食>と<住>をめぐって(於・京都コリアン生活センター エルファ内)

    ※エルファの施設について同センター事務局長の解説を聴いたのち、1世の在日朝鮮人女性(89歳)を囲んで、東九条の<食>と<住>を中心に共同でインタビューをおこなった。

    15:00~16:30 東松ノ木町(旧「40番地」)探訪

    ※東九条まちづくりサポートセンター(まめもやし)の事務局長のレクチャーを聴いたうえで、旧「40番地」を歩いた。また、東松ノ木団地の1世宅を訪問し、お話を聴いた。

    16:30~17:30 マダンセンター、京都市 地域・多文化交流 ネットワークサロン

    ※東九条地域の多文化交流運動の現場を歩いた。


    ▲ page top

    2016~2017年度に日本学術振興会(JSPS)と韓国研究財団(NRF)の「二国間交流事業共同研究」として「衣食住文化からみた解放前後の日韓関係」を展開します。同志社大学人文科学研究所の部門研究(第7研究)にも組み込みます。その一環として、第1回国際学術ワークショップとフィールドワークをソウルで開催しました。

    1.第1回国際学術ワークショップ

    日時:2016年8月26日(金) 午後1:00~6:20
    場所:高麗大学校 民族文化研究院 会議室(B203)

    第1部 13:00~15:20 日韓の衣食住文化研究の視点

    -板垣竜太「衣食住文化研究の視座」
    -廉馥圭・李松順・鄭昞旭「韓国における衣食住文化に関する研究史の検討」

    第2部 15:40~16:50 事例研究

    -安田昌史「京都の繊維産業に従事した在日朝鮮人」

    第3部 17:00~18:20 映像資料からみた衣食住文化 & 総合討論

    -許殷「映像資料でみる20世紀韓国の衣食住の変化」
    ※上映資料:「満鮮旅行」(1932),「旅行記録」(1940年代)、「Korean Fantasy」(1950年代,1970年代) [総上映時間48分]

    -総合討論

    2.フィールドワーク(共同調査)

    日時:2016年8月27日(土) 午前9:00~午後6:00
    場所:ソウル歴史博物館、伝統酒ギャラリー、清渓川博物館、清渓川とその川辺

    ○09:00-12:00 フィールドワーク1
    -ソウル歴史博物館:ソウルの衣食住文化の変化
    -伝統酒ギャラリー:伝統酒(濁酒、薬酒、焼酎、果実酒)の製法と歴史

    ○13:30-15:00 現地研究会:清渓川辺の衣食住(於・清渓川博物館)
    -鄭昞旭「京城周辺部の産業と都市マイノリティ」
    -李松順「東大門広蔵市場とその沿革」

    ○15:00-18:00 フィールドワーク2:清渓川とその川辺
    -清渓川博物館:清渓川の衣食住文化の変化
    -清渓川探索:清渓水博物館~東廟市場~広蔵市場


    ▲ page top

    「冷戦研究の最前線」第5回研究会をソウル(高麗大)で開催しました。これをもって研究会は終了し、論文集の編集を進めます。

    日時:2016年8月25日(木)16:00~18:00
    場所:高麗大学校 民族文化研究院 会議室(B203)
    主催:高麗大学校民族文化研究院(HK韓国文化研究団)・同志社コリア研究センター

    報告者:심재겸(シム・ジェギョム)(ベルリン自由大学)

    タイトル:幻想的なキム・シスターズ:文化交渉の場としての米軍基地、1960年代米国のアジア女性芸能人、そしてトランスナショナルな韓国性の創出(환상적인 김시스터즈: 문화교섭의 장으로서의 미군기지와 1960년대 한국 여성 연에인, 그리고 트랜스퍼시픽 연예네트워크의 탄생)


    ▲ page top

    同志社コリア研究センターも参加している京都コリア学コンソーシアム(KCKS)企画シンポジウム「朝鮮人留学生たちの京都」を開催いたしました。

    国内外の研究者のみならず、会場の聴衆の方々と交えて、活発な議論が行われました。

    35℃の猛暑の中、約150名の聴衆の方々がお越しくださいました。

    誠にありがとうございました。

     

    도시샤 코리아 연구 센터도 참여하고 있는 교토 코리아학 컨소시엄(KCKS)기획 심포지엄 「조선인 유학생들의 교토」를 개최하였습니다.

    국내외 연구자뿐만 아니라 심포지엄에 와주신 분들과 같이 활발한 논의가 이루어졌습니다.

    35℃의 무더운 날씨에 약150명의 분들이 오셨습니다.

    감사합니다.

     

     

     

    <各報告者の様子 / 각 발표자>

    kcks2016_mizuno

    kcks2016_sim

    kcks2016_bae

    kcks2016_hong

    kcks2016_kim

     

     

     

     

     

    <協賛していただいた同窓会の方々の挨拶 / 협찬해주신 동창회 분들의 인사>

    kcks2016_kyoto

    kcks2016_ritsumeikan

    kcks2016_doshisha

     

     

     

     

     

     

    <総合討論の様子 / 종합토론>

    kcks2016_all

     


    司会
    太田修(同志社大学グローバル・スタディーズ研究科 教授)

    発表
    1. 水野直樹(京都大学 名誉教授、立命館大学 客員教授)
    「(趣旨説明)戦前京都の朝鮮人留学生:概観と特徴」
    2. シム・チョルギ(延世大学校歴史文化学科 講師)
    「同志社大学の朝鮮留学生:概況と専攻分野」
    3. ベ・ヨンミ(立命館大学コリア研究センター 専任研究員)
    「立命館の朝鮮人留学生」
    4. 洪宗郁(ソウル大学校人文学研究院・HK教授)
    「尹日善の医学研究と社会活動:京都大学との縁を中心に」
    5. 金東僖(高麗大学校国文学科・博士課程)
    「詩人鄭芝溶と京都」

    主催: 京都コリア学コンソーシアム
    協賛: 京都大学コリア同窓会、同志社大学コリア同窓会、立命館大学ウリ同窓会

     


     


    ▲ page top

    国際シンポジウム「日記からみた東アジアの脱植民地化と冷戦」を開催しました。100名近くの参加のもと、密度の濃い報告と討論がおこなわれました。

    日時:2016年3月5日(土) 10:30~17:30
    場所:同志社大学今出川キャンパス・良心館305(RY305)
    主催:同志社コリア研究センター、高麗大学校民族文化研究院

    趣旨

    1945年の大日本帝国の敗戦と解体にともない、東アジアは解放、占領、分断、帰還、引揚げ、建国などの激動の時期を再び迎えた。中国の国共内戦、朝鮮戦争などの「熱戦」を経験しながら、東アジアの冷戦秩序が形成されていった。近い未来も見通せない流動的な状況のなかで、人々はどのように生きたのか。この国際シンポジウムは、その歴史を、国や政治団体などをアクターにするというよりは、日記という個人記録(ego-documents)に注目しながら、その時代を生きた諸個人の視点から考えようとする試みである。朝鮮半島に軸足を置きながら、東アジアの脱植民地化と冷戦の経験とはいかなるものだったのかをともに考える。

    プログラム

    【10:30~10:45 挨拶・趣旨説明】
    趣旨説明:板垣 竜太(同志社大学)&鄭昞旭(高麗大学校)

    【10:45~12:30 第1セッション】
    ○太田 修(同志社大学)
    朝鮮戦争下のある労働者の生活:二つの社会、恐怖、平和への焦がれ
    ○板垣 竜太(同志社大学)
    リュックのなかの手帖:越北した言語学者・金壽卿の朝鮮戦争と離散家族
    ○廉仁鎬(ソウル市立大学校)
    中国朝鮮族の弁士における北朝鮮「祖国」と南朝鮮「故国」

    【13:30~14:40 第2セッション】
    ○李松順(高麗大学校)
    1970年代韓国大衆の政治意識:「反共国民」として生きるということ
    ○安勝澤(ソウル大学校奎章閣)・李成浩(全北大学校)
    開発独裁期の農民の経済的生存戦略:資本主義-小農社会の結合の一端

    【14:50~16:00 第3セッション】
    ○金成姸(延世大学校)
    冷戦期に『アンネの日記』を読むということ:読書する個人と他者の発見
    ○駒込 武(京都大学)
    台湾脱植民地化をめぐる隘路:林獻堂にとっての「1945年」

    【16:15~17:20 総合討論】

    ※この国際シンポジウムは「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」の助成を受けた国際共同研究「朝鮮半島と日本を越境する植民地主義および冷戦の文化」の成果の一部である。

    日記からみた東アジアの脱植民地化と冷戦


    ▲ page top