同志社コリア研究センター

お知らせ

『平壌美術-朝鮮画の正体』の原著者、文凡綱(ムン・ボムガン)さん(BG Muhn、ジョージタウン大学教授)の来日に合わせて講演会を開催します。

 
*・。*・。*・。*・。*・。*・。
開催日:2022年6月3日(金) 
時間:18時から(開場17時40分、19時45分終了予定)

場所:同志社大学今出川キャンパス良心館 RY107

※アクセス:JR京都駅から烏丸線「今出川」駅徒歩1分 地下1番出口より直通

日本語同時通訳あり、入場無料、申請不要

※Zoomなどを利用したウェブ配信はいたしません。

講演者:文凡綱さん

『平壌美術-朝鮮画の正体』(白凛訳、青土社、2021年)の原著者

講演タイトル:「平壌美術(ピョンヤン アート) - 朝鮮画 革命か、芸術か」

※原著は『평양미술, 조선화 너는 누구냐』(ソウルセレクション、2018年)、英語版は North Korean Art: The Enigmatic World of Chosonhwa(ソウルセレクション、2019年)

※ご来場くださる皆様の安心と安全のために感染症対策をお願いします。

※会場での撮影は美術作品の著作権上、固くお断りします。

 

*・。*・。*・。*・。*・。*・。

開会あいさつ/司会 白凛(ペク・ルン、在日朝鮮人美術史研究『平壌美術-朝鮮画の正体』訳者)
講演 文凡綱(ムン・ボムガン、ジョージタウン大学教授)
対談 古川美佳(ふるかわ・みか、朝鮮美術文化研究)
閉会あいさつ 板垣竜太(いたがき・りゅうた、同志社大学教授)
*・。*・。*・。*・。*・。*・。

主催:

同志社大学人文科学研究所第9部門研究会「冷戦期北朝觧の文化史:人・情報の流動性に注目して」
京都コリア学コンソーシアム/同志社コリア研究センター
同志社大学KOREA文化研究会

問い合わせ:korea.art.20220603@gmail.com 

※本事業は、科研費(特別研究員奨励費)「1945年から60年代の在日コリアン美術―東アジアを越境したディアスポラ・アート」(課題番号20J00963)の成果の一部です。

category: 講演会

━━ KCKS 京都コリア学コンソーシアム ━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪第77回研究会 開催のお知らせ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2022年 5月 6日(金) 18~20時

場 所 : WEB開催(Zoom)

報告者: 張賢雅さん(京都大学大学院文学研究科博士後期課程)

タイトル: 近代名古屋と朝鮮人労働者―1920・30年代を中心に―

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) https://kyoto-korea.net/

━━ KCKS 京都コリア学コンソーシアム ━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪第76回研究会 開催のお知らせ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2022年 4月 8日(金) 18~20時

場 所 : WEB開催(Zoom)

報告者: 森田智恵さん(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科博士後期課程)

タイトル: 夜を視察するーー1930年代植民地朝鮮における京城観光協会の活動と日本人旅行者

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) https://kyoto-korea.net/

同志社コリア研究センター関連イベントの案内です。


日時:2022年3月8日(火) 13:30~17:00

場所:オンライン(Zoom)

参加:一般参加可(事前登録制[人数制限あり:先着])

参加をご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください(開催前日を目処にZoomの参加情報をお送りします):

https://forms.gle/4EQorTqhT8Z28qwV8

評者:

塩川伸明(東京大学名誉教授・ロシア政治史)
戸邉秀明(東京経済大学教授・日本近現代史)

著者:

板垣竜太(同志社大学教授・朝鮮近現代史)

司会:

駒込武(京都大学教授・台湾近現代史)

水谷智(同志社大学教授・イギリス帝国史)

プログラム:

(前半)著者による自著解題 + 評者からのコメント
(後半)著者の応答 + 指定討論者によるコメント + 一般参加者を交えた自由討論

主催:同志社大学人文科学研究所・第8部門研究「現代レイシズムの批判的比較分析―植民地研究との融合を目指して」
問い合わせ先:水谷 smizutan()mail.doshisha.ac.jp (括弧に@を入れてください

※お申し込みくださった方には、3月26日(土)午前10時25分頃に参加情報をお送りしています。届いていない方は、まずスパムメール(迷惑メール)に自動で振り分けられていないかご確認ください。そちらにも届いていない場合は、aoyama.hanga.2022@gmail.comにご連絡ください。
  1950年代から60年代にかけて朝鮮学校で美術教員として教壇に立たれた青山武美さん(1908-1980、男性)を中心に、その教え子であり美術教員であった鄭光均さん(1945- )、河相喆さん(1937- )に注目します。彼らが目指していたことを、当時の学生たちの作品を通して考えます。
 
↑ポスターはこちら
 

【展示】
  • 展示日:3月18日(金)~21日(月・祝)25日(金)~27日(日)12:30~16:30
金・土・日・祝のみの開催です。開催日時にご注意ください。
  • 展示作品:青山武美さんの作品5点、当時の学生の作品約40点、文集数冊
学生たちの文章に加えて、カットやデザインも見どころがあります。
 
【イベント】
  • 開催日時:3月27日(日) 14:00~17:30
  • シンポジウム(14:00~)
司会:白凛
登壇者:鳥羽耕史さん、町村悠香さん、池上善彦さん
  • トーク&オカリナ演奏(16:30~)
鄭光均さんはオカリナ奏者でもいらっしゃいます。青山武美先生の意志を受け継ぐ「土の音」をご期待ください。
  • 閉会あいさつ:板垣竜太さん
 
【参加情報】
  • 開催場所:同志社大学 寒梅館
展示:B1F ギャラリー
イベント:ハーディーホール & Zoomウェビナー
  • 作品観覧およびイベント参加は事前に参加申込みが必要です。ご面倒ですが下記よりアクセスしてください。
  • 作品観覧およびイベント参加無料。
 

【主催・問い合わせ先】

  • 主催:『版画運動新聞』を読む会
  • 共催:日本学術振興会 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費「1945年から60年代の在日コリアン美術―東アジアを越境したディアスポラ・アート」(課題番号20J00963)、同志社大学人文科学研究所第6部門研究会「体制形成期北朝鮮の文化史の学際的研究」
  • 協力:一般社団法人在日コリアン美術作品保存協会、KOREA文化研究会(同志社大学)、同志社コリア研究センター
  • お問い合わせ先 aoyama.hanga.2022@gmail.com