同志社コリア研究センター


同志社コリア研究叢書2

ksg2015■シリーズ:同志社コリア研究叢書2
■編者:板垣竜太・コ ヨンジン
■タイトル:『北に渡った言語学者・金壽卿(キム・スギョン)の再照明』
■発行者:同志社コリア研究センター
■冊子形態:A5判、並製、横書
■ISBN:978-4-907634-01-8
■発行日:2015年1月30日
■頒布:非売品

※電子版を無料で公開しています。

⇒電子版を一括ダウンロードする(15.0MB)

同志社大学学術リポジトリ(別サイト)から個別にダウンロードする(下記リンク)

目次

はじめに(板垣 竜太)
基調講演
1. 父、金壽卿(金 惠英・金 泰成)
第1部 北朝鮮の言語学・言語政策と金壽卿
2. 北朝鮮の言語学史をどうみるか(金 河秀)
3. 国語学史の観点から見た金壽卿(崔 炅鳳)
第2部 金壽卿の国際的な照明
4. 金壽卿の朝鮮語研究と日本―植民地、解放、越北―(板垣 竜太)
5. 金壽卿[1989]から読む韓国の歴史比較言語学の一様相(コ ヨンジン)
6. 旧ソ連言語学と金壽卿(趙 義成)
7. 金壽卿と中国の朝鮮語学(崔 羲秀)
附録
(寄稿)私の心から尊敬する師匠、金壽卿先生(崔 應九)
金壽卿年譜
金壽卿著作目録

▲ page top