同志社コリア研究センター


トピックス

2013年に交流協定を結んだ成均館大学校東アジア歴史研究所との共同学術会議「日韓両国の植民地認識と脱植民地主義の課題」を開催しました。小さな集まりでしたが、熱のこもった議論が展開されました。

001003

日時:2015年4月24日(金) 午後1:30~6:00

場所:同志社大学 烏丸キャンパス志高館 SK214

◆プログラム◆

13:30~14:00   挨拶ならびに両研究所の紹介

14:00~14:20   「韓国の知識人たちの古代史に対する認識:南北国論を中心に」金鍾福(安東大)

14:20~14:40   「独立運動系列の韓国史構成体系:大倧教系歴史叙述を中心に」都冕會(大田大)

14:40~15:00   「植民地支配と戦争をめぐるもうひとつの暴力について」太田修(同志社大)

15:00~15:30  討論:水野直樹(京都大)、洪宗郁(同志社大)、韓惠仁(韓国女性人権振興院)

15:30~15:50   休憩

15:50~16:10  「 ‘生存空間’(Lebensraum)と ‘大東亜共栄圏’言説の相互転移:カール・ハウスホッファーの日本観を中心に」イ・ジニル(成均館大)

16:10~16:30   「なぜ『帝国主義下の朝鮮』はなかったのか:矢内原忠雄の植民地(政策)論と台湾・朝鮮」文明基

16:30~16:50   「朝鮮人強制連行論の系譜(1945-65年)」板垣竜太(同志社大)

16:50~17:30   討論:林京錫(成均館大)、都冕會、庵逧由香(立命館大)

司会:李信澈(成均館大)、板垣竜太


▲ page top

高麗大学校民族文化研究院との共同研究「冷戦研究の最前線」の第3回研究会をソウルで開催しました。今回は、派遣中の若手研究者による報告、本学の担当研究者による報告、台湾在住の研究者による報告の3本でした。在朝日本人引揚者、在日朝鮮人、在韓華僑という3者が交錯する興味深い議論が交わされました。終了後、民族文化研究院の院長も交えて、今後の交流について語り合いました。

003 004

13:00 ~ 14:30
1. 原佑介(同志社コリア研究センター)
「植民者の息子が闘った朝鮮戦争:小林勝と戦後朝鮮植民者文学の誕生」

(10分休憩)

14:40 ~ 16:10
2. 板垣竜太(同志社大学)
「朝鮮人強制連行論の系譜(1945-65年)」

(10分休憩)

16:20 ~ 17:50
3. 王恩美(臺灣師範大学)
「韓国華僑の冷戦と反共経験」

– 司会 : 鄭昞旭(高麗大学校民族文化研究院)、太田修(同志社大学)


▲ page top

シリーズ「グローバル・ジャスティス」第30回を開催しました。

 

講師: 佐藤信行氏(在日韓国人問題研究所 所長)

タイトル: 「改定入管法と外国籍住民-多民族共生社会は可能か?―」

—————————————————————————-

日時: 2012年7月5日(木) 18:30~20:00

会場: 同志社大学(今出川キャンパス)講武館104番教室

主催: 同志社大学グローバル・スタディーズ研究科、同志社コリア研究センター

—————————————————————————-

gj30


▲ page top

シリーズ「グローバル・ジャスティス」第15回を開催しました。

 

講師: 金貴玉(キム・ギオク)氏(漢城大学校 教授、同 戦争平和研究所 所長)

タイトル: 「グローバル時代、東アジア共同体起源と形成、展望と課題」

—————————————————————————-

日時: 2011年7月14日(木) 18:30~20:00

会場: 同志社大学(今出川キャンパス)博遠館212番教室

主催: 同志社大学グローバル・スタディーズ研究科、同志社コリア研究センター

—————————————————————————-

gj15


▲ page top

シリーズ「グローバル・ジャスティス」第13回を開催しました。

 

講師: Takashi Fujitani氏(本学 グローバル・スタディーズ研究科 教授)

タイトル: 「アジア太平洋戦争期の朝鮮人皇軍兵士-総力戦下のレイシズム」

“Koreans as Japanese Soldiers during the Asia-Pacific War: Racism under Total War”

—————————————————————————-

日時: 2011年6月16日(木) 18:30~20:00

会場: 同志社大学(今出川キャンパス)講武館104番教室

主催: 同志社大学グローバル・スタディーズ研究科、同志社コリア研究センター

—————————————————————————-

gj13


▲ page top