同志社コリア研究センター


トピックス
  • トピックス一覧


  • トピックス

    国際シンポジウム「日記からみた東アジアの脱植民地化と冷戦」を開催しました。100名近くの参加のもと、密度の濃い報告と討論がおこなわれました。

    日時:2016年3月5日(土) 10:30~17:30
    場所:同志社大学今出川キャンパス・良心館305(RY305)
    主催:同志社コリア研究センター、高麗大学校民族文化研究院

    趣旨

    1945年の大日本帝国の敗戦と解体にともない、東アジアは解放、占領、分断、帰還、引揚げ、建国などの激動の時期を再び迎えた。中国の国共内戦、朝鮮戦争などの「熱戦」を経験しながら、東アジアの冷戦秩序が形成されていった。近い未来も見通せない流動的な状況のなかで、人々はどのように生きたのか。この国際シンポジウムは、その歴史を、国や政治団体などをアクターにするというよりは、日記という個人記録(ego-documents)に注目しながら、その時代を生きた諸個人の視点から考えようとする試みである。朝鮮半島に軸足を置きながら、東アジアの脱植民地化と冷戦の経験とはいかなるものだったのかをともに考える。

    プログラム

    【10:30~10:45 挨拶・趣旨説明】
    趣旨説明:板垣 竜太(同志社大学)&鄭昞旭(高麗大学校)

    【10:45~12:30 第1セッション】
    ○太田 修(同志社大学)
    朝鮮戦争下のある労働者の生活:二つの社会、恐怖、平和への焦がれ
    ○板垣 竜太(同志社大学)
    リュックのなかの手帖:越北した言語学者・金壽卿の朝鮮戦争と離散家族
    ○廉仁鎬(ソウル市立大学校)
    中国朝鮮族の弁士における北朝鮮「祖国」と南朝鮮「故国」

    【13:30~14:40 第2セッション】
    ○李松順(高麗大学校)
    1970年代韓国大衆の政治意識:「反共国民」として生きるということ
    ○安勝澤(ソウル大学校奎章閣)・李成浩(全北大学校)
    開発独裁期の農民の経済的生存戦略:資本主義-小農社会の結合の一端

    【14:50~16:00 第3セッション】
    ○金成姸(延世大学校)
    冷戦期に『アンネの日記』を読むということ:読書する個人と他者の発見
    ○駒込 武(京都大学)
    台湾脱植民地化をめぐる隘路:林獻堂にとっての「1945年」

    【16:15~17:20 総合討論】

    ※この国際シンポジウムは「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」の助成を受けた国際共同研究「朝鮮半島と日本を越境する植民地主義および冷戦の文化」の成果の一部である。

    日記からみた東アジアの脱植民地化と冷戦


    ▲ page top

    「冷戦研究の最前線」第4回研究会を本学で開催しました。

    日時:2016年3月3日(木)13:30~18:00
    場所:同志社大学 志高館 2階 SK214
    主催:高麗大学校民族文化研究院(HK韓国文化研究団)・同志社コリア研究センター

    プログラム

    13:30~13:40 開会挨拶
    司会:鄭昞旭(高麗大学校)、太田修(同志社大学)

    13:40~15:00 報告50分、討論30分
    (1)報告:許殷(허은, 高麗大学校)
    「冷戦時代東アジア地域での「アメリカ学(American Studies)」の拡散と知的ネットワークの形成-韓国の事例を中心に-」

    15:00~15:10 休憩

    15:10~16:30 報告50分、討論30分
    (2)報告:土屋由香(愛媛大学)
    「アメリカの原子力「平和」利用政策とアジア諸国への原子炉の「拡散」―1957年のスプートニク・ショック~原子力発電の時代へ―」

    16:30~16:40  休憩

    16:40~18:00  報告50分、討論30分
    (3)報告:李海燕(리해연, 東京理科大学)
    「冷戦期における中国朝鮮族の『祖国』意識に対する考察」


    ▲ page top

    2014年5月23日におこなった国際会議「韓国近現代学術史研究の現状と課題」を踏まえた共同研究です。冷戦期のコリア学の歴史について、丸一日かけてゆっくりと議論しました。

    IMG_1436IMG_1442IMG_1438

    同志社大-延世大 第1次共同学術会議
    主題:冷戦とコリア学、そして大学

    発表:

    第1部 10:10~12:10 司会:板垣竜太

    (1) 신주백(연세대, HK연구교수)
    : 1960년대 동북아 지식의 흐름 – ‘근대화론’의 유통을 중심

    (2) 井上 直樹 (京都府立大学文学部・准教授)
    : 戦後日本の朝鮮古代史研究: 1960・70年代を中心に

    12:10-1:40 昼休み

    第2部 13:40-15:40 司会:신주백

    (3) 김성보(연세대, 사학과 교수)
    : 1960-70년대 미국의 동아시아 공산주의연구와 한국의 북한학

    (4) 板垣 竜太 (同志社大学社会学部・教授)
    : スターリン批判と北朝鮮言語学:金壽卿の朝鮮語学を中心に

    15:40-16:00 休憩

    第3部 16:00-18:00 司会:太田修

    (5) 김영선(이화여대, 연구원)
    : 1960-70년대 한국 여성 지식인들의 시대인식과 젠더문제

    (6) 大槻 和也 (同志社大学グローバル・スタディーズ研究科・大学院生)
    : 梶村秀樹の在日朝鮮人認識の深まり:金嬉老裁判への関わりを中心に


    ▲ page top

    池明観(チ ミョングァン)氏をお招きしての特別講演会を開催しました。37度をこえる猛暑のなか、約200名の観衆が来場されました。今年91歳となる池明観氏は、講演、対談、質疑応答と3時間以上ものあいだ話を続けておられました。特別講演会の終了後も、池明観氏は「次世代研究者フォーラム」に参加する18名の若手研究者らとともに2時間語り合われました。

    DSCF7898DSCF7880

    0801_poster20801_poster2

    ■プログラム
    14:00~15:00 講演 池明観 「戦後日韓連帯の歴史と私」
    15:15~16:15 座談 「解放70年-知の抵抗と連帯」池明観、太田修(聞き手)
    16:25~17:00 質疑応答

     

    ■企画趣旨
    今年は、日本の敗戦、朝鮮半島の日本の植民地支配からの解放から70年目の年である。日本と大韓民国は1965年に国交が正常化して人とモノの行き来は拡 大したが、今日も植民地支配の歴史をめぐる問題で対立が続いている。日本と朝鮮民主主義人民共和国は国交さえ樹立されておらず、自由に行き来できない状態 である。そうした中でこの8月には植民地支配と戦争の責任を骨抜きにした「安倍談話」が出されようとしている。今回の特別講演会では、1970年代から 80年代にかけて雑誌『世界』にT・K生というペンネームで「韓国からの通信」を連載した池明観(チ ミョングァン)氏をお招きする。池明観氏は、軍事政 権下の韓国の公式報道において隠蔽された実態を日本に発信し続けることで、日韓の橋渡しの役割を果たしたことで知られる。特別講演では、その池明観氏に、 植民地支配の時代(1945年以前)から、解放(1945年)、朝鮮戦争(1950~53年)、4月革命(1960年)を経て、日韓連帯運動 (1970~80年代)にいたるまで、ご自身の体験とそこでの思索について語っていただく。多くの研究者、市民とともに「解放/敗戦後70年の朝鮮半島と 日本」について考える場としたい。

     

    ■池明観(チ ミョングァン)氏 プロフィール
    1924年平安北道定州生まれ。月刊『思想界』の主幹などを経て、1972年に来日。東京女子大学で教えるかたわら韓国の文化や民主化運動を紹介した。 1993年に帰国し、翰林大学校日本学研究所長、韓国政府の韓日文化交流政策諮問委員会委員長、日韓共同歴史研究韓国側代表などを歴任。主著に『流れに抗 して-韓国キリスト者の証言』(信教出版社、1966)、『韓国からの通信-1972.11~1974.6-』(岩波書店、1974)、『続韓国からの通 信-1974.7~1975.6-』(岩波書店、1975)、『第三・韓国からの通信-1975.7~1977.8-』(岩波書店、1977)、『軍政と 受難-第四・韓国からの通信』(岩波書店、1980)、『韓国民主化への道』(岩波書店、1995)などがある。

    ____________________________

    主催: 同志社コリア研究センター、立命館大学コリア研究センター
    後援: 京都コリア学コンソーシアム、同志社大学社会学会
    問合せ先: 同志社コリア研究センター
    E-mail: rc-korea@mail.doshisha.ac.jp
    TEL/FAX: 075-251-3868
    HP: http://do-cks.net/

    (本講演会は「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」の事業として実施されます。)


    ▲ page top

    2013年に交流協定を結んだ成均館大学校東アジア歴史研究所との共同学術会議「日韓両国の植民地認識と脱植民地主義の課題」を開催しました。小さな集まりでしたが、熱のこもった議論が展開されました。

    001003

    日時:2015年4月24日(金) 午後1:30~6:00

    場所:同志社大学 烏丸キャンパス志高館 SK214

    ◆プログラム◆

    13:30~14:00   挨拶ならびに両研究所の紹介

    14:00~14:20   「韓国の知識人たちの古代史に対する認識:南北国論を中心に」金鍾福(安東大)

    14:20~14:40   「独立運動系列の韓国史構成体系:大倧教系歴史叙述を中心に」都冕會(大田大)

    14:40~15:00   「植民地支配と戦争をめぐるもうひとつの暴力について」太田修(同志社大)

    15:00~15:30  討論:水野直樹(京都大)、洪宗郁(同志社大)、韓惠仁(韓国女性人権振興院)

    15:30~15:50   休憩

    15:50~16:10  「 ‘生存空間’(Lebensraum)と ‘大東亜共栄圏’言説の相互転移:カール・ハウスホッファーの日本観を中心に」イ・ジニル(成均館大)

    16:10~16:30   「なぜ『帝国主義下の朝鮮』はなかったのか:矢内原忠雄の植民地(政策)論と台湾・朝鮮」文明基

    16:30~16:50   「朝鮮人強制連行論の系譜(1945-65年)」板垣竜太(同志社大)

    16:50~17:30   討論:林京錫(成均館大)、都冕會、庵迫由香(立命館大)

    司会:李信澈(成均館大)、板垣竜太


    ▲ page top