同志社コリア研究センター


お知らせ

同志社コリア研究叢書の第2弾『北に渡った言語学者・金壽卿(キム・スギョン)の再照明』を刊行しました。2013年11月9日に同志社大学人文科学研究所主催で開催した同題のシンポジウムをもとに、新たに単行本化しました。同志社大学学術リポジトリでも読めます。また、シンポジウム記録のコリア語版は、人文科学研究所発行の『社会科学』44巻1号で読めます。

⇒詳細はこちらのページ

ksg2015

シリーズ:同志社コリア研究叢書2
編者:板垣竜太, コ ヨンジン
タイトル:北に渡った言語学者・金壽卿(キム・スギョン)の再照明
発行者:同志社コリア研究センター
発行日:2015年1月30日
形態:A5判、並製、横書、222頁
ISBN: 978-4-907634-01-8
頒布:非売品、同志社大学学術リポジトリ(http://library.doshisha.ac.jp/ir/)を通じて公開

目次:

はじめに(板垣 竜太)
基調講演
1. 父、金壽卿(金 惠英・金 泰成)
第1部 北朝鮮の言語学・言語政策と金壽卿
2. 北朝鮮の言語学史をどうみるか(金 河秀)
3. 国語学史の観点から見た金壽卿(崔 炅鳳)
第2部 金壽卿の国際的な照明
4. 金壽卿の朝鮮語研究と日本―植民地、解放、越北―(板垣 竜太)
5. 金壽卿[1989]から読む韓国の歴史比較言語学の一様相(コ ヨンジン)
6. 旧ソ連言語学と金壽卿(趙 義成)
7. 金壽卿と中国の朝鮮語学(崔 羲秀)
附録
(寄稿)私の心から尊敬する師匠、金壽卿先生(崔 應九)
金壽卿年譜
金壽卿著作目録


category: ニュース , 書籍

▲ page top