도시샤 코리아 연구센터


알림

【入場無料/事前申込不要】

*********************************************************************************
国際シンポジウム

「帝国と貫太平洋(トランスパシフィック):人流研究の射程」
*********************************************************************************

※ポスターはこちら

 

 植民地主義や帝国主義を背景に形成された近代社会において、人々の移動(人流)は常態化している。言わば人流における出入の度合いや相互浸透の濃度、あるいは管理/制限によって近代以降の諸社会や諸領域は枠づけられてきたのであり、この意味で人流を考慮しない社会分析、地域研究は社会、地域の本質的な動態を捉えることができないと言ってよい。しかしながら往々にしてこうした人流は諸社会や諸領域を所与のものとする「制度化された」関係論的観点から”例外的なもの”と見なされ、プッシュ要因やプル要因、包摂や排除、コンフリクトや順応といった出入先の社会、地域を基準に論じられ、査定されてきた。

 そこで本シンポジウムでは「移動する人々」それ自体に着目し、その視点から社会や地域を逆照射しつつその移動を可能にした歴史性を分析することで、これまで不可視化されてきた社会、地域のダイナミズムを新たに描出する視座について考えたい。具体的には大日本帝国の成立によって生み出された太平洋をまたぐ(トランスパシフィック)人流をケーススタディにした研究報告を通して、これまで社会や地域に纏わりついてきた制度的な研究視座の問題と限界を批判的に刷新し続けるトランススタディーズtrans-studiesとしての人流研究について問題提起を行い、その新たな射程について討論する。

 

■開催日時
2020年3月8日(日)13:00~18:30(12:30~開場・受付開始)

 

■開催場所
同志社大学 烏丸キャンパス 志高館1階 SK112教室
(京都市営地下鉄烏丸線・今出川駅下車、1番出口より北進、徒歩5分)
※キャンパスマップはこちら

 

■報告
 高江洲昌哉(神奈川大学・立教大学)

 「帝国の外縁から人流を考える-島嶼の視座から-」
 森亜紀子(同志社大学)

 「土地の記憶-北マリアナにおける沖縄・チャモロの人々の歴史経験に出会う-」
 玄武岩(北海道大学)

 「サハリン残留日本人女性の「引揚」と「帰国」-「本国帰国者」のトランスナショナルな生活空間」 
 増渕あさ子(同志社大学)

 「米軍統治下沖縄とハワイ:「救済」をめぐるトランスパシフィックな連関の諸相」
 宋恵媛(大阪経済法科大学)

 「1940-50年代の朝鮮人米軍通訳: 帝国・移動・マルチリンガリズム」
 崔徳孝(シェフィールド大学)

 「在朝日本人の引揚げと在日朝鮮人-植民地解放と内なる植民地解放の交差」
 高誠晩(済州大学)

 「境界に立つ「過去清算」「済州4・3と台湾2・28の事例から」

 

■コメンテーター
 酒井直樹(コーネル大学)
 タカシ・フジタニ(トロント大学)
 米山リサ(トロント大学)
 中野敏男(東京外国語大学名誉教授)
 水谷智(同志社大学)
 板垣竜太(同志社大学)
 中村理香(成城大学)

 

■司会
 李孝徳(東京外国語大学) 

 

■使用言語
 日本語

 

■共催
 科研「批判的地域主義に向けた地域研究のダイアレクテイック」
 科研「記憶論的転回以後の集合的記憶論の学際的再検討」
 同志社大学人文科学研究所 第8研究「現代レイシズムの批判的比較分析―植民地研究との融合を目指して」
 東京外国語大学海外事情研究所
 同志社コリア研究センター

 

■お問い合わせ
(内容について)
東京外国語大学海外事情研究所
 E-mail: trans_ad*tufs.ac.jp(*を@に変えてください)
 HP:http://www.tufs.ac.jp/common/fs/ifa/

(会場関連のみ)
同志社コリア研究センター
 TEL: 075-251-3868
 E-mail: rc-korea*mail.doshisha.ac.jp (*を@に変えてください)


category: イベント情報

▲ page top

【入場無料/事前申込不要】

*********************************************************************************
国際シンポジウム

「日米帝国の総力戦・マイノリティ動員・レイシズムを相比する

―タカシ・フジタニ『共振する帝国―日系人米軍兵士と朝鮮人皇軍兵士』(岩波書店、2020年)刊行にあたって」
*********************************************************************************

 

※ポスターはこちら

 

 Takashi Fujitani, Race for Empire (University of California Press,2011)によれば、アジア太平洋戦争が総力戦と化すにつれ、日米双方の帝国において朝鮮人および日系人というそれまで徹底的に周縁化されていたコロニアル/エスニックなマイノリティが兵力として動員されていく過程で、従来の排除的なレイシズムは包摂的なレイシズムへと変化し、下品で(vulgar)暴力的なレイシズムは表向き人間性に配慮した上品な(polite)レイシズムへとその様態を変えることになったという。
 日本と米国というその成立も発展過程もまるで異なる二つの帝国国家がアジアにおける覇権争いに鎬を削るなか、互いが互いの社会を人種差別的であると非難し合いながら、双方の国家が共振し(resonance)、マイノリティに対する排除と包摂の様態に奇妙な相似化(convergence)が起こり、しかも日本の敗戦後、東西冷戦下の日米関係は、戦後の米国における”モデル・マイノリティ”という日系アメリカ人の包摂の形態をそのまま反映する形になってしまったというのである。戦時期の映画や小説はこれらの帝国主義イデオロギーを反映しつつ、強化する反面、逸脱していることも本書では緻密に分析されている。
 果たしてこうした共振や相似化はどのようにとらえられるべきなのか。こうした二帝国の共振や相似化の分析は現代世界になお影響を与え続けている帝国主義/植民地主義を批判的に再分節するために何を提供するのだろうか。本シンポジウムでは、今春Race for Empireの日本語版『共振する帝国―日系人米軍兵士と朝鮮人皇軍兵士』(岩波書店、2020年)(仮題)が刊行されるにあたり、多領域の研究者たちが集い、こうした共振と相似化の検証を通じて議論し、帝国主義研究/植民地主義研究を批判的に豊饒化することを目指したい。

 

■開催日時
2020年3月7日(土)13:00~18:30(12:30~開場・受付開始)

 

■開催場所
同志社大学 室町キャンパス 寒梅館2階 KMB203教室
(京都市営地下鉄烏丸線・今出川駅下車、2番出口より徒歩2分)
※キャンパスマップはこちら

 

■基調報告
 タカシ・フジタニ(トロント大学):歴史学
 『共振する帝国―日系人米軍兵士と朝鮮人皇軍兵士』(岩波書店、2020年)刊行にあたって

 

■コメンテーター
 中野聡(一橋大学):歴史学・アジア太平洋国際史
 北原恵(大阪大学):戦争/ジェンダー表象研究
 増渕あさ子(同志社大学):冷戦史・沖縄占領研究
 崔徳孝(シェフィールド大学):歴史学・東アジア国際関係史
 中野敏男(東京外国語大学名誉教授):歴史社会学・思想史
 李孝徳(東京外国語大学):ポストコロニアル研究・レイシズム研究

 

■ディスカッサント
 酒井直樹(コーネル大学)
 米山リサ(トロント大学)
 板垣竜太(同志社大学)
 中村理香(成城大学)

 

■司会
 水谷智(同志社大学):間-帝国史研究

 

■使用言語
 日本語

 

■共催
 科研「批判的地域主義に向けた地域研究のダイアレクテイック」
 科研「記憶論的転回以後の集合的記憶論の学際的再検討」
 同志社大学人文科学研究所 第8研究「現代レイシズムの批判的比較分析―植民地研究との融合を目指して」
 東京外国語大学海外事情研究所
 同志社コリア研究センター

 

■お問い合わせ
(内容について)
東京外国語大学海外事情研究所
 E-mail: resonance_ad*tufs.ac.jp(*を@に変えてください)
 HP:http://www.tufs.ac.jp/common/fs/ifa/

(会場関連のみ)
同志社コリア研究センター
 TEL: 075-251-3868
 E-mail: rc-korea*mail.doshisha.ac.jp (*を@に変えてください)

 


category: イベント情報

▲ page top

尹東柱詩碑「献花式」

講演会・シンポジウム「詩人 尹東柱へ、25年の思い」(多胡吉郎氏)

 


 

<日時>

2020年2月15日(土)13:30~17:00

<場所>

同志社大学今出川キャンパス 尹東柱詩碑前(同志社礼拝堂近く)

同志社大学今出川キャンパス 良心館地下1階 RY地1

※ キャンパスマップはこちらを参照。

<プログラム>

第1部 13:30~14:15 「献花式」(於:尹東柱詩碑前)
第2部 14:30~17:00 多胡吉郎氏講演「詩人 尹東柱へ、25年の思い」(於:良心館地下1階 RY地1)

 


 

第1部 尹東柱詩碑「献花式」

 

<日時> 2020年2月15日(土)13:30~14:15

<場所> 同志社大学今出川キャンパス 尹東柱詩碑前(同志社礼拝堂近く)

<プログラム>(総合司会:朴 信明)

1.  開会宣言

2.  祈  祷

  井田  泉

3.  物故者黙祷

  一  同

4.  主催者挨拶

  朴 熙均   尹東柱を偲ぶ会  会長

5.  来賓紹介

  呉 泰奎   駐大阪大韓民国  総領事 (予定)
  同志社大学  学長 (予定) 
  同志社校友会  会長 (予定)

6.  序詩朗読

  一  同

7.  献 花

  一  同

8.  閉会の辞

 


 

第2部 講演会・シンポジウム

 

<日時> 2020年2月15日(土)14:30~17:00

<場所> 同志社大学今出川キャンパス 良心館地下1階 RY地1

<プログラム>(総合司会:朴 信明)(通訳: 李 元重)

1. 開会の挨拶/来賓挨拶

2. 講演会/シンポジウム

  講師紹介・趣旨説明  朴熙均

  講 演

   多胡吉郎(作家/元NHKディレクター)(NHK スペシャル「空と風と星と詩 尹東柱 日本統治下の青春と死」ディレクター) 

    「詩人 尹東柱へ、25年の思い」

  パネラー

   馬男木 美喜子   福岡尹東柱の詩を読む会  代表

   楊原 泰子   詩人尹東柱を記念する立教の会  代表

   井田 泉   日本聖公会奈良基督教会  牧師

3. 謝辞及び閉会の辞

  崔 龍漢   同志社コリア同窓会 会長

 


 

<主催>

 尹東柱を偲ぶ会、同志社コリア同窓会

<後援>

 同志社コリア研究センター

<お問い合わせ>

 尹東柱を偲ぶ会 朴熙均(パクヒギュン)
  TEL: 090-3286-8656
  E-Mail: hshgpark(a) ybb.ne.jp ((a)を@に変えてください)

 


category: イベント情報

▲ page top

━━ KCKS 京都コリア学コンソーシアム ━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪第61回研究会 開催のお知らせ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2020年 1月 10日(金) 18時~

場 所 : 同志社大学 烏丸キャンパス 志高館2階 SK214

報告者:  閔スラ(ミン スラ)さん(立命館大学コリア研究センター客員研究員)

タイトル: 韓国ノワール映画に現れる女性キャラクターの変容に関する考察(仮)

※同志社大学烏丸キャンパス
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) http://kyoto-korea.net/


▲ page top
【入場無料・申込不要】

堀潤さんと語る

 

―若者が手当てする日朝の「分断」―

 
(シリーズ「グローバル・ジャスティス」第64回)
 
 ※チラシのダウンロードはこちら
 
【講演者】
堀 潤 さん(ジャーナリスト、元NHKアナウンサー、NPO法人「8bitNews」代表)
 
【報 告】
菊地 春花 さん(同志社大学法学部 学生)
清川 美空 さん(同志社大学グローバル地域文化学部 学生)    
 
【日 時】
2019年12月6日(金)17:00~19:00
 
【会 場】
同志社大学烏丸キャンパス 志高館110番教室
 ※交通アクセスはこちら 
 
【主 催】
同志社大学グローバル・スタディーズ研究科、同志社大学人文科学研究所・第6研究会、KOREAこどもキャンペーン
 
【後 援・協 力】
京都コリア学コンソーシアム、同志社コリア研究センター、日朝学術研究会
 
【開  催  趣  旨】
現在世の中に横たわる多くの「分断」。昨今冷え込んでいる日本と朝鮮半島の関係。日本と朝鮮民主主義人民共和国における分断、そしてそれを手当てする若者の姿を取材した堀潤さんにお話しいただきます。2人の同志社大学生は、東アジアの平和について考え、活動しようと、今夏、NGO「KOREAこどもキャンペーン」のプログラム「日朝大学生交流」に参加し、堀さんらと訪朝して平壌の大学生と交流しました。学生たちが、何を見て、何を語り、何を感じたのか、堀さんとともに報告します。平和を考え、行動する重要性を、ともに議論できる場にしたいと思います。  
 
【お問い合わせ】
同志社大学グローバル・スタディーズ研究科事務室
TEL:075-251-3930
E-Mail:ji-gs@mail.doshisha.ac.jp

▲ page top