同志社コリア研究センター


シンポジウム

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
国際シンポジウム
日記からみた東アジアの脱植民地化と冷戦
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

日時:2016年3月5日(土) 10:30~17:30

場所:同志社大学今出川キャンパス・良心館305(RY305)
※地下鉄烏丸線・今出川駅の北側改札口を出てすぐ

※同志社大学キャンパス・マップ(キャンパス位置掲載)

一般公開:同時通訳あり、入場無料(申込不要)

主催:同志社コリア研究センター、高麗大学校民族文化研究院

 

趣旨_______________________________________________________

1945年の大日本帝国の敗戦と解体にともない、東アジアは解放、占領、分断、
帰還、引揚げ、建国などの激動の時期を再び迎えた。中国の国共内戦、朝鮮戦争
などの「熱戦」を経験しながら、東アジアの冷戦秩序が形成されていった。近い
未来も見通せない流動的な状況のなかで、人々はどのように生きたのか。この国
際シンポジウムは、その歴史を、国や政治団体などをアクターにするというより
は、日記という個人記録(ego-documents)に注目しながら、その時代を生きた諸
個人の視点から考えようとする試みである。朝鮮半島に軸足を置きながら、東ア
ジアの脱植民地化と冷戦の経験とはいかなるものだったのかをともに考える。

 

プログラム___________________________________________________

【10:30~10:45 挨拶・趣旨説明】

趣旨説明:板垣 竜太(同志社大学)&鄭昞旭(高麗大学校)

 

【10:45~12:30 第1セッション】

○太田 修(同志社大学)
朝鮮戦争下のある労働者の生活:二つの社会、恐怖、平和への焦がれ

○板垣 竜太(同志社大学)
リュックのなかの手帖:越北した言語学者・金壽卿の朝鮮戦争と離散家族

○廉仁鎬(ソウル市立大学校)
中国朝鮮族の弁士における北朝鮮「祖国」と南朝鮮「故国」

 

【13:30~14:40 第2セッション】

○李松順(高麗大学校)
1970年代韓国大衆の政治意識:「反共国民」として生きるということ

○安勝澤(ソウル大学校奎章閣)・李成浩(全北大学校)
開発独裁期の農民の経済的生存戦略:資本主義-小農社会の結合の一端

 

【14:50~16:00 第3セッション】

○金成姸(延世大学校)
冷戦期に『アンネの日記』を読むということ:読書する個人と他者の発見

○駒込 武(京都大学)
台湾脱植民地化をめぐる隘路:林獻堂にとっての「1945年」

 

【16:15~17:20 総合討論】

__________________________________________________________

付記:この国際シンポジウムは「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣
プログラム」の助成を受けた国際共同研究「朝鮮半島と日本を越境する植民地主
義および冷戦の文化」の成果の一部である。

__________________________________________________________

問い合わせ先:同志社コリア研究センター
電子メール: rc-korea@mail.doshisha.ac.jp
ウェブサイト: http://do-cks.net/
電話・ファックス:075-251-3868
日記からみた東アジアの脱植民地化と冷戦

 

 


page top ▲

高麗大学校との学術シンポジウムを以下の通り開催いたします。

=====================================
東アジアの記憶と未来 − 日韓条約50年、解放/敗戦70年

=====================================

日時:2015年7月18 日(土) 10時~18時
主催:高麗大亜細亜問題研究所台湾センター、同志社大コリア研究センター
場所:同志社大学 良心館302号
言語:日韓同時通訳  ※入場無料/申込不要

————————————————————-

10:00 開会挨拶

◆第1セッション:日韓関係70年回顧と展望

10:10 報告1:太田修(同志社大)「日韓条約締結後の在韓被爆者問題と「過去清算」運動-平岡敬関係文書を手がかりに」
討論:金恩貞(神戸大)
10:30 報告2:張博珍(国民大)「韓日併合条約無効問題の再考」
討論:鄭祐宗(大谷大)
10:50 報告3:文泰勝(朝鮮大)「遺骨問題からみる朝日関係」
討論:南光奎(高麗大)
11:10 報告4:朴世濬(高麗大)「宗教政党に関する韓日比較」
討論:川瀬貴也(京都府立大)
11:30 10分休憩
11:40 討論(50分)
12:30 昼食(1時間)

————————————————————-
◆第2セッション:日・中・台湾関係70年の回顧と展望
13:30 報告1:井上正也(成蹊大)「日中関係と自民党政治」
討論:李東俊(北九州市立大)
13:50 報告2:Tsai, Tung-Chieh(蔡東杰)(National Chung Hsing University,
中興大學)「戦後の台湾と日本の特別な関係:三つの次元を中心に」
討論:朴正鉉(高麗大)
14:10 報告3:Wang, En-Mei(王恩美)(National Taiwan Normal University,
台灣師範大學)「戦後70年、韓国華僑に対する理解」
討論:板垣竜太(同志社大)
14:30 報告4:加藤千洋(同志社大)
「日中関係と報道―戦後70年、記者交換実現から半世紀に再考する」
討論:金凡洙(韓国日報)
14:50 10分休憩
15:00 討論(50分)
15:50 10分休憩

————————————————————-
◆第3セッション:平和と東北アジア共同体
16:00 報告1:鄭泰憲(高麗大)「南北歴史教育を通して見た南北関係」
討論:康成銀(朝鮮大)
16:20 報告2:鄭一晙(高麗大)「韓半島における核問題の系譜学」
討論:洪宗郁(同志社大)
16:40 討論 (30分)
17:10 総合討論
17:50 閉会挨拶

————————————————————-

お問い合わせ: 同志社コリア研究センター

HP: http://do-cks.net/

Email:rc-korea@mail.doshisha.ac.jp domain information .


page top ▲

第10回(2015年度)次世代研究者フォーラム
「解放/敗戦後70年の朝鮮半島と日本」を開催いたします。

————————————————————————–

■日程:  2015年8月1日(土)~8月3日(月)
■内容および会場

8月1日(土): 国際シンポジウム(公開)

 講演者: 池明観氏

 場所:  同志社大学今出川キャンパス 明徳館M1教室

 京都市営地下鉄・烏丸線「今出川」駅下車すぐ 交通アクセス

8月2日(日)、3日(月): 若手研究者報告会(クローズド形式)

 ※若手研究者は15名程度を予定しています。

 場所: 立命館大学衣笠キャンパス創思館 401、402

交通アクセス

 

———————————————————————–

東アジアにおける長期的な韓国研究の推進と

緊密な韓国研究者コミュニティーの形成を目的として開かれる

日本・韓国にいる韓国・朝鮮関係の若手研究者のためのフォーラムです。
応募などの詳細については、以下の応募要項をごらんください。

 

日本語 → 募集要項 参加申込書
韓国語 → 募集要項 参加申込書

 

■主催:同志社コリア研究センター、立命館大学コリア研究センター

     東国大学校BK21、韓国語文学における伝承と翻訳研究人力養成事業団

———————————————————————–

■応募に関する問い合わせ: 立命館大学コリア研究センター

〒603-8577
京都府京都市北区等持院北町56-1
立命館大学 修学館2階
TEL:075-466-3264
FAX:075-466-3247

Pakistan . file sharing sites shut down


page top ▲

鄭芝溶学術フォーラム2014を開催します。

——————————————————————

日時: 2014年12月13日(土) 14:00~17:30

会場: 同志社大学(今出川キャンパス)神学館チャペル

主催: 韓国忠清北道沃川郡、同志社コリア研究センター

 

参加費無料/予約不要/講演・報告はコリア語

(日本語レジュメあり、質疑・応答のみ通訳あり)

——————————————————————

鄭芝溶(チョンジヨン、1902~1950)は韓国現代詩の開拓者です。モダニズムに基づく郷土的抒情詩を完成させた鄭芝溶の詩は、韓国詩の品格と価値を高めました。鄭芝溶は韓国忠清北道の沃川(オクチョン)で生まれ、ソウルの徽文(フィムン)高校を卒業し、京都の同志社大学で学びました。彼の生涯において同志社での留学生活はもっとも重要な時期の一つです。この度、韓国の沃川郡と同志社大学コリア研究センターの共催で、鄭芝溶の詩世界を眺望する場を設けました。多くの方々のご参加とご声援をお願い申し上げます。

——————————————————————

13:30~14:00       受付・開場

14:00~14:10     趣旨説明・挨拶

司会:高雲基(漢陽大学教授)

開会の辞:金榮晩(沃川郡守)/山田史郎(同志社大学副学長)

14:10~14:40     〈基調講演〉都鐘煥(詩人、韓国・国会議員) 「私の詩と鄭芝溶」

14:40~15:10    〈報告〉佐野正人(東北大学) 「鄭芝溶の詩における留学と帰国後の様相比較」

15:10~15:20      休憩

15:20~15:50    〈報告〉金信貞(韓国放送通信大学校) 「他郷の魅惑、見慣れない故郷のイメージ」

15:50~16:20    〈報告〉金應教(淑明女子大学校) 「『鄭芝溶詩集』を読んだ尹東柱」

16:20~16:30      休憩

16:30~17:20      総合討論  太田修(同志社大学)/伊藤啓(大阪大学・院)/金聖珪(詩人)

17:20~17:30      閉会の辞:金承龍(沃川文化院長)/太田修(同志社コリア研究センター)

 

 

 


page top ▲

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
国際シンポジウム

北朝鮮研究の新たな視座
生活、文化、歴史

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日時:2014年8月2日(土) 13:30~18:00 (受付開始13:00)
会場:同志社大学烏丸キャンパス志高館112  (SK112)
京都市営地下鉄・烏丸線「今出川」駅から徒歩5分
言語:日本語・コリア語(同時通訳あり)
入場無料・申込不要

☆プログラム☆

13:30~16:00 報告

★スージー・キム(ラトガース大学)

北朝鮮のモダン・タイムス:創建期(1945-50年)の情景から

★韓成勳(ハン ソンフン)(延世大学校)

社会主義的近代性と日常の社会革命:北朝鮮、1955-1965年

★鄭炳浩(チョン ビョンホ)(漢陽大学校)

劇場国家北朝鮮の権力と生活

★洪珉(ホン ミン)(統一研究院)

北朝鮮の市場化における社会-技術的ネットワークと都市政治

16:20~18:00 討論

☆討論者:山下英愛(文教大学)ほか

☆企画趣旨☆

日本では、朝鮮民主主義人民共和国(以下「北朝鮮」)に対する一般的関心は高いが、それに比べて学術的な研究は立ち後れている。また、研究分野としては政治外交に関する研究に偏重しているほか、描写の仕方も「国家対国家」というナショナルな対立の枠組を前提としたものが多く、そこで生きてきた人々に対する人間的な観点が弱いといわざるを得ない。それに比べ、海外においては、多様な視点からの北朝鮮研究が発表されてきている。そうした状況に鑑み、本シンポジウムは、北朝鮮の文化や生活などの側面に関して近年注目すべき研究を展開している専門家を海外から招き、「北朝鮮研究の新たな視座」を吟味すべく、企画したものである。通訳を入れて公開するものであり、研究者のみならず、関心を有する市民にも開かれた場にしたい。

(本シンポジウムは、「次世代研究者フォーラム2014」(2014年8月2~4日)の一環として実施する。)

☆プロフィール☆

スージー・キム(Suzy Kim)

ラトガース(Rutgers)大学アジア言語文化学部・助教授。シカゴ大学博士(歴史学)。主著に『Everyday Life in the North Korean Revolution, 1945-1950』(Cornell University Press, 2013)がある。

韓成勳(ハン ソンフン)

延世大学校社会発展研究所・研究員。延世大学校博士(社会学)。主著に『戦争と人民』(トルペゲ, 2012)がある。

鄭炳浩(チョン ビョンホ)

漢陽大学校文化人類学科・教授。イリノイ大学博士(人類学)。関連主著に『劇場国家北朝鮮』(共著, 創批, 2013)がある。

洪珉(ホン ミン)

統一研究院・副研究委員。東国大学校博士(北韓学)。関連主著に『北朝鮮の権力と日常生活』(共著, ハヌルアカデミー, 2013)がある。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
主催:同志社コリア研究センター、立命館大学コリア研究センター
後援:京都コリア学コンソーシアム
問い合わせ先:同志社コリア研究センター
e-mail: rc-korea@mail.doshisha.ac.jp   電話・Fax:075-251-3868
ウェブサイト: http://do-cks.net/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(本シンポジウムは「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」の事業として実施されます)

dprk20140802

チラシをダウンロードする


page top ▲