同志社コリア研究センター


KCKS

━━ KCKS 京都コリア学コンソーシアム ━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪第63回研究会 開催のお知らせ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2020年 7月 3日(金) 18時~

場 所 : WEB開催(Zoom)

報告者: カク ミンソクさん(京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程)

タイトル: 日韓関係の思想的研究の方法論的提案―「東亜協同体」における思想的媒介を事例に

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) https://kyoto-korea.net/


page top ▲

━━ KCKS 京都コリア学コンソーシアム ━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪第62回研究会 開催のお知らせ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2020年 6月 5日(金) 18時~

場 所 : WEB開催(Zoom)

報告者: 吉井 秀夫さん(京都大学大学院文学研究科教授)

タイトル: 植民地時代の地図を通してみた慶州古蹟の調査とその活用

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) https://kyoto-korea.net/


page top ▲

2020年秋学期 京都コリア学コンソーシアム科目

「日韓関係論入門」

 


 

◆講義概要◆

 「京都コリア学コンソーシアム」(2012年4月発足)では、2012年度より所属教員によるリレー講義を同志社大学で開催しています。
 同志社大学、立命館大学、京都大学、佛教大学のほか、大谷大学の教員をゲスト・スピーカーとして招き、合わせて8名の講師が各自の専門テーマについて講義を行います。
 2020年度の主題は、日韓関係です。日韓の政府間では、日本軍「慰安婦」問題や「徴用工」問題などをきっかけに関係が悪化しました。一方で民間次元では、K-Popなどを通じた文化交流が幅広く続いています。本講義では、日韓関係の基礎となっている歴史問題から大衆文化まで、幅広く日韓関係のトピックをとりあげ、専門的な知識の裏付けをもとに分かりやすく論じたいと思います。
 なお本講義は、「大学コンソーシアム京都」の単位互換科目としても開講されますので、加盟大学の学生、京カレッジ・科目等履修生・聴講生であれば誰でも登録できます。
 
 

 

◆講義詳細◆

2020年度 京都コリア学コンソーシアム科目(同志社大学開講科目/大学コンソーシアム京都単位互換科目)

「日韓関係論入門」(複合領域科目2-98)(科目コード:I112)

日時: 2020年秋学期 毎週水曜日 1講義時(9:00~10:30)

場所: 同志社大学 今出川キャンパス

登録資格: 大学コンソーシアム京都加盟大学・学生、京カレッジ・科目等履修生/聴講生。

※登録者以外の一般聴講は原則認めていません。

※チラシはこちら

 

◆授業計画◆

第1回 日本の植民地投資と朝鮮人の生活: 福岡正章(同志社大学)

第2回 韓国の経済成長と日韓関係: 福岡正章(同志社大学)

第3回 東アジア史から見た開港期の日韓経済関係: 石川亮太(立命館大学)

第4回 韓国併合の合法/不法論1: 小川原宏幸(同志社大学)

第5回 韓国併合の合法/不法論2: 小川原宏幸(同志社大学)

第6回 日韓の歴史葛藤問題とは何か: ペ ヨンミ(大谷大学)

第7回 日本の植民地支配と文化財調査1: 吉井 秀夫(京都大学)

第8回 日本の植民地支配と文化財調査2: 吉井 秀夫(京都大学)

第9回 戦後日韓関係と在日朝鮮人1: 鄭 祐宗(同志社大学)

第10回 戦後日韓関係と在日朝鮮人2: 鄭 祐宗(同志社大学)

第11回 日韓関係とジャーナリズム1: 森 類臣(立命館大学)

第12回 日韓関係とジャーナリズム2: 森 類臣(立命館大学)

第13回 日本における韓流現象1: 山本 浄邦(佛教大学)

第14回 日本における韓流現象2: 山本 浄邦(佛教大学)

第15回 授業内評価

※オムニバス講義のため、やむをえない事情により順番等が変更になることもあります。

 

◆登録期間◆

例年、前期は3月下旬~4月上旬、後期は9月上旬~9月中旬。

各所属大学により異なりますので、必ず所属大学事務室にお問い合わせください。

 

◆登録方法◆

1.「大学コンソーシアム京都」加盟大学所属の学生

例年、前期は3月下旬~4月上旬、後期は9月上旬~9月中旬に登録期間がございます。
各所属大学により異なりますので、必ず所属大学の事務室にお問い合わせください。
※詳細は、大学コンソーシアム京都HP「単位互換制度 - 出願について」をご参照ください。
http://www.consortium.or.jp/special/tani_gokan/

2.上記以外の方、一般の方

例年、3月中に募集・登録期間がございます。
※詳細は、大学コンソーシアム京都HP「京カレッジ ― 2020年度出願方法」をご確認ください。
http://www.consortium.or.jp/project/sg/details

※登録者以外の一般聴講は原則認めておりませんので、あらかじめご了承ください。

 

◆お問い合わせ先◆

1.「大学コンソーシアム京都」加盟大学所属の学生

各所属大学の事務室にお問い合わせください。

2.上記以外の方、一般の方

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 京カレッジ 担当

HP:  http://www.consortium.or.jp/ 

TEL:  075-353-9140 FAX:  075-353-9121

MAIL:miyakare■consortium.or.jp(■を@に変更して送信してください)

〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)

 

※受講登録等に関するお問い合わせにつきましては、上記のお問い合わせ先にご連絡ください。
 京都コリア学コンソーシアムでは、返答いたしかねますので、あらかじめご了承ください。


category: KCKS , ニュース

page top ▲

━━ KCKS 京都コリア学コンソーシアム ━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪第61回研究会 開催のお知らせ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2020年 1月 10日(金) 18時~

場 所 : 同志社大学 烏丸キャンパス 志高館2階 SK214

報告者:  閔スラ(ミン スラ)さん(立命館大学コリア研究センター客員研究員)

タイトル: 韓国ノワール映画に現れる女性キャラクターの変容に関する考察(仮)

※同志社大学烏丸キャンパス
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) http://kyoto-korea.net/


page top ▲
【入場無料・申込不要】

堀潤さんと語る

 

―若者が手当てする日朝の「分断」―

 
(シリーズ「グローバル・ジャスティス」第64回)
 
 ※チラシのダウンロードはこちら
※講演録はこちら
 
【講演者】
堀 潤 さん(ジャーナリスト、元NHKアナウンサー、NPO法人「8bitNews」代表)
 
【報 告】
菊地 春花 さん(同志社大学法学部 学生)
清川 美空 さん(同志社大学グローバル地域文化学部 学生)    
 
【日 時】
2019年12月6日(金)17:00~19:00
 
【会 場】
同志社大学烏丸キャンパス 志高館110番教室
 ※交通アクセスはこちら 
 
【主 催】
同志社大学グローバル・スタディーズ研究科、同志社大学人文科学研究所・第6研究会、KOREAこどもキャンペーン
 
【後 援・協 力】
京都コリア学コンソーシアム、同志社コリア研究センター、日朝学術研究会
 
【開  催  趣  旨】
現在世の中に横たわる多くの「分断」。昨今冷え込んでいる日本と朝鮮半島の関係。日本と朝鮮民主主義人民共和国における分断、そしてそれを手当てする若者の姿を取材した堀潤さんにお話しいただきます。2人の同志社大学生は、東アジアの平和について考え、活動しようと、今夏、NGO「KOREAこどもキャンペーン」のプログラム「日朝大学生交流」に参加し、堀さんらと訪朝して平壌の大学生と交流しました。学生たちが、何を見て、何を語り、何を感じたのか、堀さんとともに報告します。平和を考え、行動する重要性を、ともに議論できる場にしたいと思います。  
 
【お問い合わせ】
同志社大学グローバル・スタディーズ研究科事務室
TEL:075-251-3930
E-Mail:ji-gs@mail.doshisha.ac.jp

page top ▲