同志社コリア研究センター


コロキュアム

第10回(2015年度)次世代研究者フォーラム
「解放/敗戦後70年の朝鮮半島と日本」を開催いたします。

————————————————————————–

■日程:  2015年8月1日(土)~8月3日(月)
■内容および会場

8月1日(土): 国際シンポジウム(公開)

 講演者: 池明観氏

 場所:  同志社大学今出川キャンパス 明徳館M1教室

 京都市営地下鉄・烏丸線「今出川」駅下車すぐ 交通アクセス

8月2日(日)、3日(月): 若手研究者報告会(クローズド形式)

 ※若手研究者は15名程度を予定しています。

 場所: 立命館大学衣笠キャンパス創思館 401、402

交通アクセス

 

———————————————————————–

東アジアにおける長期的な韓国研究の推進と

緊密な韓国研究者コミュニティーの形成を目的として開かれる

日本・韓国にいる韓国・朝鮮関係の若手研究者のためのフォーラムです。
応募などの詳細については、以下の応募要項をごらんください。

 

日本語 → 募集要項 参加申込書
韓国語 → 募集要項 参加申込書

 

■主催:同志社コリア研究センター、立命館大学コリア研究センター

     東国大学校BK21、韓国語文学における伝承と翻訳研究人力養成事業団

———————————————————————–

■応募に関する問い合わせ: 立命館大学コリア研究センター

〒603-8577
京都府京都市北区等持院北町56-1
立命館大学 修学館2階
TEL:075-466-3264
FAX:075-466-3247

Pakistan . file sharing sites shut down


page top ▲

日時:2014年5月23日(金)13:30~17:30
場所:志高館 SK214
主題:共同ワークショップ「韓国近現代学術史研究の現状と課題」
言語:コリア語
主催:同志社コリア研究センター、延世大国学研究院HK事業団

第一部(13:30~15:15) 合同書評会
 1)
シン・ジュベク(신주백)「韓国近現代学術史研究をめぐって」
 2) 松田利彦「植民地大学史研究:京城帝国大学を中心に」(第1巻批評)
 3) 洪宗郁「大学と知識権力、植民地主義、冷戦」(第2巻批評)
 ※司会:板垣竜太

※5月に韓国(慧眼出版社)から刊行される2冊の本(下記)を媒介として、韓国近現
 代学術史研究と現状と課題について議論する。
  第1巻 《韓国人文学の制度化:1910~1959年》(シン・ジュベク編)
  第2巻 《権力と学術場:1960年代~1980年代初》 (ソ・ウンジュ編)

第二部(15:30~17:30) 現代東アジアの知的交流と知識権力
 1) ソ・ウンジュ(서은주)「知識権力と冷戦体制」
 2) キム・ヨンソン(김영선)「ジェンダーと北韓研究:主題、領域、方法論」
 3) 水野直樹「日朝間の知的交流と北朝鮮研究」
 ※司会:シン・ジュベク


page top ▲

〈同志社コリア研究センター・コロキュアム〉

比較文化論の観点からみた日本と韓国

報告①

「スクリーンクォータの植民地的起源:日本における映画帝国の企画とアンチアメリカニズム」

(李和真、仁荷大学校韓国学研究所)

 

報告②

「進化と祝祭:小説〈アランはなぜ〉と映画〈ラジオの時間〉を読む」

(金東植、仁荷大学校国語国文学科)

 

※日本語のレジュメは用意しますが、報告と討論はすべて韓国語で行われる予定です(日本語通訳なし)。 ip2adr . .


page top ▲