同志社コリア研究センター


国際学術ワークショップ

テュービンゲン大学(ドイツ)-同志社大学(日本)-高麗大学校(韓国)の日本学/コリア学の研究者を中心とした国際研究交流ワークショップ(頭文字を取ってTuDoKu)を同志社大学で開催します。2015年にテュービンゲン、2016年にはソウルで開催して、今回が第3回目となり、”Transational Cultures: Colonialism and the Cold War in Japan and Korea”をテーマとします。会議言語は英語(通訳無し)です。会場および配布資料準備の都合上、参加をご希望される方は事前に下記までお問い合わせください。

宛先:コリア研究センター rc-korea@mail.doshisha.ac.jp

プログラム

ポスター


The 3rd TUDOKU Conference at Doshisha University (September 29-30, 2017)

Transnational Cultures: Colonialism and the Cold War in Japan and Korea

Conference Room: Kambaikan 6F (Muromachi Campus), Doshisha University

Friday (September 29)

9:45-10:00            Registration

10:00-10:10          Opening Remarks

10:10-12:00          Session 1: Historical Origins of Colonialism

  • Klaus ANTONI (Tübingen) “Okinawa – Japan’s first colony? Tametomo and the historical Japanization of the Ryûkyû kingdom”.
  • David WEISS (Tübingen) “A Prehistory of Colonialism: Views of Korea in Tokugawa Japan”.

13:00-14:50          Session 2: Citizenship and Nationality

  • AN Jong Chol (Tübingen) “From Gender-Biased to Gender Equality Citizenship? The Politics of the Nationality Law, 1948-1997”.
  • Tobias SCHOLL (Tübingen) “Korean-Japanese Relations and South Korean Transborder Citizenship”.

15:10-17:00          Session 3: Divided / Shared Memories of the Cold War

  • ITAGAKI Ryuta (Doshisha) “Divided Family and Shared Memories: Ego-narratives of a North Korean Linguist Kim Sugyŏng and His Family”.
  • You Jae LEE (Tübingen) “Migration to a Divided Nation: Korean Former Miners and their Memory”.

Saturday (September 30)

10:10-12:00          Session 4: Colonial Migration

  • JUNG Byung Wook (Korea) “Chinese Workers and Anti-Chinese Riots in Colonial Korea”.
  • YOON Hyo Jung (Korea) “A Study on a United Front in the Colony Korea on a Transnational Perspective: Singanhoe Agitating for Acquirement of Chinese Nationality of Immigrant Koreans in Manchuria”.

13:00-14:50          Session 5: Rethinking North Korea

  • Isabella JUKAS (Tübingen) “North Korea’s Third World Offensive”.
  • KIM Yeokyung (Doshisha) “Social Movement and Cultural Reproduction :Focusing on Meanings of Korean Schools in Zainichi Korean Women’s Life Histories”.

15:10-17:00          Session 6: Politics of Comparison

  • KOTERA Ai (Doshisha) “Myth making? The Holocaust memory of the third generation in Israel”.
  • MIZUTANI Satoshi (Doshisha) “British attitudes to Korea’s claim for independence, ca. 1905-20―the trans-imperial significance of Britain’s colonial experience in India and Egypt”.

TuDoKu2017 Program

TuDoKu2017 Poster


page top ▲

2016~2017年度に日本学術振興会(JSPS)と韓国研究財団(NRF)の「二国間交流事業共同研究」として「衣食住文化からみた解放前後の日韓関係」を展開します。同志社大学人文科学研究所の部門研究(第7研究)にも組み込みます。年2回、京都とソウルを往復しながら共同研究を進めます。その第1回国際学術ワークショップを下記のとおりソウルで開催します。

Ishokuju2016No2フライヤーをダウンロード

衣食住文化からみた解放前後の日韓関係
第1回国際学術ワークショップ

日時:2016年8月26日(金) 午後1:00~6:20
場所:高麗大学校 民族文化研究院 会議室(B203)

第1部 13:00~15:20 日韓の衣食住文化研究の視点

-板垣竜太「衣食住文化研究の視座」
-廉馥圭・李松順・鄭昞旭「韓国における衣食住文化に関する研究史の検討」

第2部 15:40~16:50 事例研究

-安田昌史「京都の繊維産業に従事した在日朝鮮人」

第3部 17:00~18:20 映像資料からみた衣食住文化 & 総合討論

-許殷「映像資料でみる20世紀韓国の衣食住の変化」
※上映資料:「満鮮旅行」(1932),「旅行記録」(1940年代)、「Korean Fantasy」(1950年代,1970年代) [総上映時間48分]

-総合討論

※8月27日(土)にはソウル市内で衣食住文化に関する共同調査をします。

■主催:同志社コリア研究センター、高麗大学校 民族文化研究院


page top ▲